プチ整形から切開法まで

目

美容整形外科で二重整形を受ける場合の費用は施術方法により異なります。いわゆるプチ整形と呼ばれる埋没法の場合は1万5000円?9万円程、まぶたをメスで切開する方法の場合は20万円?30万円程が費用の相場と言えます。

おすすめ関連リンク

  • 二重.com

    二重整形の申し込みを行ないたいと感じている人に朗報です!ここなら疑問などを解消することができちゃいますよ。
  • 二重にしたい人のサイト

    きれいになりたい人を全力で応援してくれるので、二重整形の手続き方法が知りたいならこちらになります。

クリニック選びの基準

目元に触れる人

自分にあった手術をする

多くの美容整形クリニックでは、一重を二重に形成する美容整形、二重整形をしています。日本では生まれつきの一重まぶたに悩んでいる人が多いので、二重を形成するテープやボンドなどのメイクグッズが人気で、同じように二重整形も人気です。二重関係の美容整形はとても需要が高く、多くの人がひそかに一重から二重に変える二重整形をしているほどです。ただ、二重まぶたの整形手術を成功させるうえで大事なのが、どこの美容整形クリニックで手術をするかです。日本全国どこの美容整形クリニックでもできる美容整形でも、執刀するドクターの腕やセンス、術式などによって結果がまったく違います。そのことを十分に肝に銘じて、自分に一番ぴったりなクリニックを選ぶことが重要です。「手軽な方法で二重まぶたにしたい」という人に人気なのが「埋没法(まいぼつほう)」です。埋没法はいわゆるプチ整形の一種で、メスを一切入れないでまぶたに二重のひだを形成します。髪の毛よりも細い糸をまぶたの中に入れて埋め込むだけでよく、傷あとはほとんどわからない仕上がりになります。埋没法はとても有名な二重の美容整形ですが、ただ埋没法と一口にいっても術式がいろいろあります。一番手術料金や安いのが、一点止めや一点法という一点だけで止める埋没法です。一点止めや一点法は片目1万円程度でできるので、とにかく安い料金でぱっちり二重にしたい人に人気です。ただし、一点法で二重まぶたにできる場合とできない場合があります。基本的に一点だけで止める術式で二重を作るときれいなカーブができないので、仕上がりが自然にならないことが多いです。一点法が向いているのは、もともと二重のラインがうっすらとある人や、奥二重の人です。まぶたが腫れぼったい人が一点だけで止める埋没法をすると、まぶたの脂肪の重みで糸が取れやすくなります。そうしたことから一点法を希望してもカウンセリングのときに断られる場合が多いです。どうしても一点法で二重にしたいなら、いくつかのクリニックに足を運んで相談してみるのがお勧めです。しっかりと取れない二重を保ちたいなら「全切開法」や「部分切開法」などの、メスを入れる切開法二重整形が効果的です。まぶたが腫れぼったくて埋没法ができない場合は、だいたい切開法を勧められます。切開法の場合は外科手術であり、一度完成してしまうともとに戻すことが難しくなります。手術をしてから「二重の幅が気に入らない」と後悔しても後の祭りです。そうなってから後悔しないように、入念に納得いくまでカウンセリングをして、デザインを決めることが大切です。もちろん、腕がよいドクターがいるクリニックを探すことも重要です。切開法の症例数が多いクリニックをネットで探してみて、3件くらいはカウンセリングに行って相談してみるのがお勧めです。切開法の料金は埋没法よりも高く、両目合わせると30万円近くするのが一般的です。高額な手術になるので、料金は一括で前払いするのが普通です。手術をする前に必ず見積もりを出してもらい、手術料金に麻酔代や抜糸代などが含まれているか確認しておくことが大事です。

施術プランと術後の対応

鏡を見る人

美容整形外科クリニックにおいて二重整形をやってもらう場合には、しっかりと事前に各種の手続きを完了する必要があります。また施術後には1週間前後ダウンタイムを過ごすことになるので、しっかりと安静にして患部には触れないようにしましょう。

第一印象は目で決まる

ナース

一重が嫌で二重整形を検討している人は大勢います。二重整形には2種類の方法があり、初めての場合には糸を使った方法を用いる事が多いようです。一方のメスで切開する方法は、糸では対処が難しい場合に選択され、より丈夫な二重を作れるメリットがあります。